宝塚:ドイツ駐日大使 Dr.Volker Stanzel 講演会

日独交流 150 周年記念
ドイツ駐日大使 Dr.Volker Stanzel 講演会(フォルカー・シュタンツエル)
日独の文化交流の過去・将来

日独の友好関係の歴史は、1861 年 1 月 24 日に結ばれた修好・通商・航海条約にさかのぼります。一方で、シーボルトや森鴎外に代表されるように、個々のドイツ人と日本人の市民社会レベル・非政府レベルの交流が古くから多く存在し、今日まで続く日独交流の根幹を成しています。
Dr.フォルカー・シュタンツエル駐日ドイツ大使は、青年期に合気道を通じて日本文化と出会い、フランクフルト大学で日本学を学び、さらに、京都大学に留学し日本文化への造詣を深めました。甲子園大学では、日独交流 150 年を記念して大使をお招きし、本学学生・保護者・教職員のみならず、広く市民の皆様にもご参加いただきたく講演会を企画しました。

日時 平成 24 年 7 月 4 日(水)午後 1 時 15 分~
場所 甲子園大学 3 号館 323 講義室

*スクールバスの運行(阪急宝塚南口駅すみれが丘行バス停から 12:25 12:45 阪急宝塚駅阪急タクシー乗り場後方より 12:30 12:50) *参加料は無料です *事前申し込みの必要はありません
詳しくは甲子園大学ホームページをご覧ください。(http://www.koshien.ac.jp/pdf/kouen20120704.pdf)
問い合わせ先:甲子園大学庶務課(0797-87-5111)

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s